カテゴリ一覧
2008年09月10日
TOPSQL(日付関連) > 日付を和暦で表示する
to_char関数を使用して、日付を和暦で表示します。
select
to_char(sysdate,'EYY.mm.dd','nls_calendar = ''Japanese Imperial''')
from dual
<結果>
H20.09.10

select
to_char(sysdate,'EEYY"年"mm"月"dd"日"','nls_calendar = ''Japanese Imperial''')
from dual
<結果>
平成20年09月10日
和暦変換する場合は'nls_calendar = ''Japanese Imperial'''で「nls_calendarオプション」のカレンダを指定します。
'EEYY"年"mm"月"dd"日"'は表示する形式の指定です。EEが元号でYYが年といった感じです。年などを付ける場合は「"」で括ります。「.」や「/」の場合は「"」は不要です。以下に書式の一覧があるので参考にしてください。

日付の書式一覧
書式 意味
YYYY西暦年4桁
YY西暦年下2桁
RRRR西暦年4桁(「YYYY」と同じ)
RR西暦年下2桁(「YY」と同じ)
MM
DD
DDD年の始めからの日数
HH時間
MI
SS
SSSSS午前0時からの経過秒数
D曜日を数値にしたもの(日曜日:1、月曜日:2・・・土曜日:7)
DY曜日の頭1文字(日、月・・・土)
DAY曜日(日曜日、月曜日・・・土曜日)
E元号の略語(大正:T、昭和:S、平成:H)
EE元号(大正、昭和、平成)
posted by ayu at 20:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | SQL(日付関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。